背中ニキビは一つだけの原因だけで引き起こされるなんてことではなく、数多くの起因が混合的に影響を与えて起きています。
ニキビが出来てしまうまず第一の段階に、肌の乾き、睡眠の不足や疲れといった物理的ダメージ、そして精神的ストレスが大きいです。強力なストレスを受けてしまうと、自律神経のうち交感神経が活発化されます。
交感神経が優位の状態になってしまうと男性ホルモンが過大に分泌されてしまいます。
元来のホルモンバランスが異常になってしまうといった問題が生じてしまいます。
男性ホルモンには、皮脂分泌の増進、角栓の出現、それに加えて毛穴の縮小がもたらされる性質が見受けられます。 このようにして、突破口が小さくなった毛穴に角栓が目詰まりしていって、内の方にすごい量の皮脂が封じ込められるという症状が生じるということなのです。
この段階が、よく言う白ニキビなのです。

マラセチア菌の影響でニキビが深刻化していく!?

話は変わりますが、白ニキビの状態で異常をきたしなければ、ほったらかしにしても自然回復する可能性が高いことになるのですが、そう簡単には上手くはいかないのです。
人のお肌にはマラセチア菌という常在菌が棲みついているのです。
このマラセチア菌は皮脂が大好きで皮脂があると繁殖するという特徴があります。
皮脂が押し込められた白ニキビの内部は、マラセチア菌から見れば文句のつけようがない最高のシチュエーションです。ニキビ内にマラセチア菌が入ると、豊富な皮脂を餌にガンガン繁殖し、皮脂に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を遊離脂肪酸と呼ばれる刺激物質に換えてしまうことになるのです。
このようにして毛穴の内側に炎症が発現すると、赤く腫れた嫌なニキビへと変調を来たしてしまいます。
こうなってしまうと、そう易々と自然回復はすることはありませんし、改善された後から跡が残ってしまい、美容的に見て大きなショックをもたらされてしまう危険性が高いことになります。

背中ニキビの適正なケアの仕方

背中ニキビがいっぱい発生してきたケースでは皮膚科で診察してもらう以外はないのですが、軽度であるのならセルフでお手入れすることも可能だと言えます。
元を正せば、毛穴の縮小、角栓発生が起こら無いなら、背中ニキビは発生することはありません。
そういうわけで、背中の根本的なモイスチャーケアをしつつ、ストレスを少なくした生活サイクルをキープすることがニキビケアの基礎になると言えます。
又、シャンプーに含まれるシリコンが毛穴の目詰まりを増進するケースがあるもんで、ノンシリコンシャンプーに交換するというやり方も間接的に背中ニキビを治癒することになると思います。
それらの他にも、ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑制する働きがあるのでビタミンC誘導体を取り入れた化粧水、美容液などを通じてお手入れするといったこともニキビの予防、改善に効果を見せてくれます。

ジッテプラスについて、詳しくはこちら⇒ジッテプラス 口コミ

関連記事